130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋山設計道場第13クール案内 | main | 秋山設計道場第13クール第1回@名古屋|KADO no IE >>

秋山設計道場第13クール始動

dojo13_1_morii_0.jpg
秋山設計道場第13クールが始動した。

27日午後、道場ホームグラウンドの名古屋コスモスクエアに今期道場生が集合、13クール第一回が始まった。これから五ヶ月間の全5回、東京、静岡、兵庫のアウェイと名古屋での開催だ。

まず、一日目の見学先はコスモホームの竣工間際の現場と「岩成台の家」だ。
この家、私、LANDship の設計したもの、私にとってフォルクスハウス以前の最後の在来工法の家なのだ。

実は、この家はコスモホーム設計チーフの森井氏の自宅だ。この家の主であったTご夫妻が十数年お住まいだったが、大阪に引越しするにあたり、その後を引き継いだのが森井氏なのだ。

dojo13_1_sikichi_0.jpg
秋山設計道場の最大の特長は、実際の敷地、与条件の上での即日設計だ。

これが今回の敷地、名古屋の隣、大府市の市街地の37坪だ。ここに若い四人家族の家を作る。

今回、道場生10名中、半分が初めての方々……、どんな設計が見られるのか、大いに楽しみである。


dojo13_1_10.jpg
これが私の解答、KADO no IE だ。

これは、道場生の作品に赤ペンを入れる際、自分の作品に赤を入れて設計意図を説明したものだ。私は今考えている設計手法でやってみている。この数年間、その手法の設計に夢中なのだ。

道場二日目、朝9時から昼までの3時間……、私も道場生と同じくA3一枚の手書きに集中する。これが道場の流儀なのだ。

そして、いつも、これが模範解答ではないと宣言してから、道場生の発表、そして私の悪評高き講評が始まる。何期か経験した道場生の設計能力、その進歩著しく……大いに喜ばしい。


道場 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/992726
この記事に対するトラックバック