130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋山設計道場第9クール第2回 @Machida | main | つくば/VH/腰塚教授の家 >>

秋山設計道場第9クール第3回 @Tsukuba

秋山設計道場第9クール第3回 は、4月24, 25日の二日間、茨城県つくば市で行われる。

いつもの通り、第1日目は課題敷地の視察と見学だ。

見学先は三ヶ所だが、つくばで活躍している地域工務店、柴木材店施工の二軒を見学する。

最初の一軒は、今、大いに活躍中の伊礼智氏の設計、氏の最新作である「柴木材店モデルハウス」だ。その伊礼氏を今回の特別講師として招請、ご本人のレクチュア付きでの見学する。
そして、その後は、私ことLANDship設計、柴木材店施工の2000年竣工のフォルクスハウス「腰塚教授の家」を見学する。フォルクスハウスが一番元気だった頃の家だ。

そして最後は、今もって建設中、十年越しで自力建設中の岩崎駿介・美佐子夫婦の「落日荘」と続く。岩崎氏は藝大建築の先輩、国際的・社会的な活動で高名な方だ。そして、夫人である岩崎美佐子氏は藝大工芸出身で同期である。

その日の宿泊ホテルで行われる懇親会には、伊礼氏も参加……大いに盛り上がるであろう。

最新のモデルハウスと、旧作のフォルクスハウス、そして自力建設中の住宅とバラエティ豊かな見学先、道場生諸君が何を学ぶのか……、それは諸君にかかっているのである。
道場 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/992693
この記事に対するトラックバック