130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋山設計道場第3クール最終回@長野 | main | 秋山設計道場・推奨図書 >>

秋山設計道場第3クール最終回/御柱

DOJO3_6_00.jpg+
秋山設計道場第3クール最終回は長野で行われ、課題敷地は誠設計事務所の提供によるものだ。

須坂市にある敷地は、大きな道路に面する230㎡(70坪弱)の角地で、30代の夫婦と子供3人の家……特別に難しい要件はないのだが……、大きな問題は……御柱と名付けた電柱とその控え柱の存在なのだ。又、道路面以外の二面は既存住宅で囲まれているのをどう処理するのか……問題だ。

DOJO3_6_10.jpg

私は、その御柱を無力化するというのを設計方針の中心に据えてみた。それは、半外構的な塀とも建物とも考えられるRC造で敷地を分割することであった。
そして、二階リビングで処理、基本的には前回の平面と同じものを置いている。

この当りは、ベテランに学んで欲しいところと考えている。いつもいつも頑張った平面形を提案することなく、スタンダードな平面形を使い回していく……それがスタンダード住宅の底になければならないのだ。

生徒諸君の提案も見事であった。充実した設計道場第3クール最終日であったのだ。
道場 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/966021
この記事に対するトラックバック