130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋山設計道場/第4クール案内 | main | 秋山設計道場第3クール最終回@長野 >>

新建ハウジング+1/ 10-06

shinken1006_0.jpg+

この6月号をもって、隔月刊10回にわたって連載してきた「スタンダード住宅を目指して/秋山東一の STOCKTAKING 」は最終回を迎えた。

その締め括りの題として「これからのスタンダード住宅を考える」とした。

今回、同じ6月号として発刊される建築雑誌の特集「われらの庭園」その対談でお会いした千葉大教授・広井良典氏の提唱される「定常型社会」の元における「知的セルフビルド」を中心に、これからの時代のスタンダード住宅を位置づけることとした。

二つの雑誌、「新建ハウジング+1」と「建築雑誌」での私の主張が重ね会うように考えたのだ。

実作は富士見高原のBe-h@us、Be/412g22を登場させた。1996年とちょっと古い仕事だが、今もってこれを超える「知的セルフビルド」の実例は出現していないのだ。
最後のコラムは、最新の話題……、「iPad」 としたのだ。

この号の特集の一つが「工務店の設計力」だ。「Q&Aでつかむ基本と工務店実例」とあって建築家・伊礼氏と鹿児島シンケンの迫氏が質問に答える形で自分自身の設計観を語っている。そして、その実例には甲府の小澤建築工房の小澤氏が登場しているのだ。

私の連載でも、自分自身のスタンダード住宅の考え方を形成するにあたって、一緒に考えてきた迫氏、小澤氏が同じ号に名前を連ねていることに、大いに喜びを感じるのである。

shinken1006_2.jpg
連載 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/961059
この記事に対するトラックバック