130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< FLAT roof | main | Bike >>

新建ハウジング+1/ 09-09

shinken0909_0.jpg+

住宅業界専門紙「新建ハウジング」の月刊雑誌「新建ハウジング+1」の9月号が発行された。

隔月の連載「スタンダード住宅を目指して/秋山東一の STOCKTAKING 」の第6回は、前号で紹介した、地域工務店の設計者を対象とした設計スクール「秋山設計道場」で、その受講者に伝授している設計手法「秋山メソッド」を解説した。題して「パタンによる設計術―「秋山メソッド」」である。

「秋山メソッド」は、パタンによる設計術であり、「パタンを置く」という手法を中心とした六つのステージによって構成されている。それによって、容易に敏速な住宅の設計を可能にすることを詳説している。

「秋山設計道場」は、今年1月から毎月開催された第一期(第一クール)は6月末の第六回で無事終了した。現在、「第二期秋山設計道場」(第二クール)が開講されている。

今回の記事「地域工務店のための「秋山設計道場」という試み」では、その成立ちから、その講座の実戦的な有り様、現実の敷地、条件と「即日設計」と、その場での発表と講評という形について書いている。そこで教育されるのは「秋山メソド」と言われる現実的にして実戦的な設計手法である。

 ● 第二期秋山設計道場/第2回
 ● 第二期秋山設計道場/第1回
  ---------------------------------------------------
 ● 第六回秋山設計道場(最終回)
 ● 第五回秋山設計道場@東京
 ● 第四回秋山設計道場
 ● 第三回秋山設計道場
 ● 第二回秋山設計道場
 ● 第一回秋山設計道場
 ● 秋山設計道場@名古屋

本文は4頁、もう1頁の「コラム」の第6回は「紙と鉛筆」だ。CAD全盛の今……ではあるが、設計の道具の基本は「紙と鉛筆」であることを、現実に使っているお道具を紹介しながら語った。

 ● 新建ハウジング+1/ 09-07
 ● 新建ハウジング+1/ 09-05
 ● 新建ハウジング+1/ 09-03
 ● 新建ハウジング+1/ 08-12
 ● 新建ハウジング+1/ 08-10
連載 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/888908
この記事に対するトラックバック