130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第五回秋山設計道場@東京 | main | 第六回秋山設計道場(最終回) >>

第二期秋山設計道場/生徒募集

SHINKEN_090530_0.jpg

好評の「秋山設計道場」は最終回の第六回、6月23, 24日で終了する。

今までの五回にわたる実戦的な稽古によって、参加者の設計力は見違えるように向上した。最終回、どんな趣向で免許皆伝とあいなるのか.....楽しみである。

7月から12月のかけて開催される「第二期秋山設計道場」の準備も着々と進行しているようだ。

私が「スタンダード住宅を目指して/秋山東一の STOCKTAKING 」を連載させていただいている「新建ハウジング+1」の本紙である「新建ハウジング」5月30日号の業界ニュース欄に紹介記事が掲載された。多くの方々の参加を期待したい。

今回の記事にも出ているが、「第二期秋山設計道場/生徒募集」に際して、少々のコメントをなした。
今、住宅の設計力が問われている。

200年住宅、超長期優良住宅であろうが、小さな家であろうが、問われるのは設計力である。
その設計力を鍛える、己の自己流を正し、正統的にして論理的な設計手法を学ぶ.……その場として「道場」がある。

初心者よ、来たれ。その癖のない素直な力をもって……強く正しい設計の手法を学べ。
ベテランよ、来たれ。経験に満ちた老かいな技をもって道場主に挑め。
道場主は、その両者に全力を持ってあたる。そこには何の遠慮も妥協もない。

設計道場は、住宅の設計力を鍛える場として、全ての設計者に開かれているのである。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/843771
この記事に対するトラックバック