130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 図説 日本の住まい | main | 第五回秋山設計道場@東京 >>

新建ハウジング+1/ 09-05

shinken0905_0.jpg+

住宅業界専門紙「新建ハウジング」の月刊雑誌「新建ハウジング+1」の5月号が発行された。

「スタンダード住宅を目指して/秋山東一の STOCKTAKING 」の隔月の連載も佳境に入ってきた、その第4回は「「MAC no Uchi」という考え方」だ。

「MAC no Uchi」とは「マックの家」とも読めるが、お弁当の「幕の内」のことである。

フォルクスハウスは集成材・金物・パネルという新しい住宅のスタンダードとして華々しく登場した、その次の段階が「設計の進化」ということであった。コンピュータによる設計支援、CAD化も大きな流れであったが、設計の考え方自体を進化させようという思いがあった。それが、今回の「「MAC no Uchi」という考え方」であったのだ。
それは、用意してあった御菜を重箱の中に配置する........幕の内弁当に設計の手法を置き換えたものなのだ。

本文は4頁、もう1頁の「コラム」の第2回は打って変わって、建築部品の話からコンピュータの話「「MAC」というもの」にした。設計の考え方の下地にパーソナル・コンピュータを成立させることになった思想、それを具現化したマシンの影響を語らねばならないと考えたのだ。

 ● 新建ハウジング+1/ 09-03
 ● 新建ハウジング+1/ 08-12
 ● 新建ハウジング+1/ 08-10
連載 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/827801
この記事に対するトラックバック