130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 超長期住宅先導的モデル事業 | main | 200年住宅の「強・用・美+変」 >>

新建ハウジング+1/ 08-12

shinken0812_0.jpg+

住宅業界専門紙「新建ハウジング」の月刊雑誌「新建ハウジング+1」の12月号が発行された。
「スタンダード住宅を目指して/秋山東一の STOCKTAKING 」の第2回は「それは『フォルクスハウス』から始まった」だ。フォルクスハウスの始りと、それは何だったのか、そこから始り今もって有効な手法までを........を記述した。小澤建築工房とのコラボ、その成果の代表としての「Iさんの家」、フォルクスハウスの基礎となった「the在来」、そしてフォルクスハウスとなる過程「設計手法をの明確化」に至るまでの話だ。

本文は4頁、もう1頁の「コラム」の第2回は「小庇」だ。この工場で作られた小庇もフォルクスハウスから始まっているのである。

この連載二回で、やっとフォルクスハウスの自己紹介がすんだという感じだ。次号 09-02 からスタンダード住宅の各論........、一つの「パタン・ランゲージ」を目指したいと考えている。

 ● 新建ハウジング+1/ 08-10
連載 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/798706
この記事に対するトラックバック