130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第二回秋山設計道場 | main | 第三回秋山設計道場 >>

新建ハウジング+1/ 09-03

shinken0903_0.jpg+

住宅業界専門紙「新建ハウジング」の月刊雑誌「新建ハウジング+1」の3月号が発行された。

「スタンダード住宅を目指して/秋山東一の STOCKTAKING 」の第3回は「「フォルクスハウス」とは何だったのか」だ。
今までに3000棟以上が建設されたフォルクスハウス、その一戸一戸がフォルクスハウスであることに間違いないが、フォルクスハウスとは........という問いに答えるならば、一冊のマニュアルである.........と言わねばならない。というわけで、1994年に始まった.......その仕様と、その先見性にこそフォルクスハウスの意味であったことを記述した。又、フォルクスハウス的設計、そのデザインの独自性を作り出したVH335「仙川の家」について触れた。このターニングポイントというべき設計手法の確立は今もって続いている。

本文は4頁、もう1頁の「コラム」の第2回は「開口部」だ。この限定的な7種類の開口部しかないというところから、フォルクスハウスは始まっているのである。

 ● 新建ハウジング+1/ 08-12
 ● 新建ハウジング+1/ 08-10
連載 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/798674
この記事に対するトラックバック