130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木場の家 /水平線 | main | テーブル脚/スティール・フレーム >>

「設計」

私は設計の全ては記述しえると考えている。又、記述しえたものは学習しえると考えている。

昔、ジェームス・スターリングが自分が作った物を語る時、実に具体的にして即物的に語るのを読んだ時、そう感じたのだ。本ブログにおいても、自身が経験した沢山の事柄について、又、自身が考えている事を記述していきたいと考えている。

しかし、「設計」という行為は違うのだ。読んで学べるものではないのだ。
読んで学習し、知識として蓄えられたものはそれだけのものなのであって、それは直接、設計という行為に結びつかない。設計という行為は学習するというような行為とは異なった頭の働き、全てを判断し決定するという実践の上にしか成り立たないのだ。

それは普段の生活、普段の判断で成り立っている。
それは、テン・トン・シャンの世界に近い芸事の世界と同じなのだと言える。お師匠さんに叩かれて繰り返し繰り替えし、振りを直していく世界、理不尽な繰り返しによって肉体化されるより方法がないのではないかと考えている。

優れた設計は、知識として摂取したものではなく、肉体化された設計術によるもののだ......と考える。
全体 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bevstandard.landship.sub.jp/trackback/713630
この記事に対するトラックバック