130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ジョブズの新しい家の計画

Jobs_house_0.jpg
GIZMODO に「【独占!】ジョブズが建てる家」なる記事があった。そこには、その住宅の図面まで公表されているのだ。ジョブズというのは、もちろん、今を時めく Apple の全てを牽引するスティーブ・ジョブズにほかならない。

1984年、スティーブ・ジョブズは、サンフランシスコ近郊、スタンフォード近くの高級住宅地 Woodside Town に、1926年に建設された Jackling House なる邸宅を購入した。疑似スパニッシュコロニアル風で、建坪17,250sq.ft(1,600平米・480坪)14ベッドルームの豪邸なのだ。

 ● Google map: Jackling House

その後十年余り住むものの、将来的に Jackling House を取り壊して、そこに新しく住宅を建てるべく、自分は引越して賃貸させてみたりしていたが、結局、空家状態が長期化、廃虚化しつつあったのだ。

2001年、ジョブズは建替えのために取壊しの許可を申請したところ、歴史的建造物の保護を訴える団体が猛反対し、取壊し許可は撤回され、Jackling House はそのまま放置状態となっていた。

とはいうものの、ジョブズは Jackling Hous e取壊しに再チャレンジし、今回は、新築する方が修繕するより安い等々の理由をつけて建替えのための取壊し許可を申請した。 Jackling House を守る会みたいな団体を敵に回して、なんたかんた……、結局、ジョブズは自己の主張を認めさせたのであった。

さて、ジョブズの新しい家とはいかなるものなのか……。その図面を検証してみた。

 ● aki's STOCKTAKING: Jobs' New House /2

記事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -