130502

 Be-h@us, Volkshaus の世界を進化させる BeV Standard についての AKi's MEMO
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

BeV Standard /ブログ表示幅変更

BeVS_CSS_0.jpg

aki's STOCKTAKING の表示幅を今風に広くしたのに気をよくして、私の建築系ブログ、この BeV Standard も拡げてみた。

こういうことってすぐ忘れちゃうから、備忘録としてここに記録しておこう。

aki's STOCKTAKINGBeV Standard は、両方ともコンテンツの表示幅を540pxに統一してあることにあった。それは両方に画像類を共有させる為にあるのだ。

今回、コンテンツの表示幅を768pxに拡大、従って+228pxということになる。まぁ、最初に決めた時の事は忘れているのだが、タイトル・ボディの幅を800px+228px=1028px、コンテンツ幅を540px+228px=768pに変更したのである。
・・・・・

BeV Standard は、ロリポップ・サーバーのドメイン landship.sub.jp に対して3個のブログを設置できるというサービスを利用している。その内容は JUGEM と同じで、なかなか高機能ながら使いやすいブログなのだ。
全体 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

超長期住宅先導的モデル事業

bevs_bunner_2.jpg

BeV Standard が「超長期住宅先導的モデル事業」に採択された。

独立行政法人建築研究所における評価結果発表
 ● 超長期住宅先導的モデル事業

国土交通省による採択の結果発表
 ● 報道発表資料:平成20年度(第2回)超長期住宅先導的モデル事業の採択事業の決定について - 国土交通省
全体 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「設計」

私は設計の全ては記述しえると考えている。又、記述しえたものは学習しえると考えている。

昔、ジェームス・スターリングが自分が作った物を語る時、実に具体的にして即物的に語るのを読んだ時、そう感じたのだ。本ブログにおいても、自身が経験した沢山の事柄について、又、自身が考えている事を記述していきたいと考えている。

しかし、「設計」という行為は違うのだ。読んで学べるものではないのだ。
読んで学習し、知識として蓄えられたものはそれだけのものなのであって、それは直接、設計という行為に結びつかない。設計という行為は学習するというような行為とは異なった頭の働き、全てを判断し決定するという実践の上にしか成り立たないのだ。

それは普段の生活、普段の判断で成り立っている。
それは、テン・トン・シャンの世界に近い芸事の世界と同じなのだと言える。お師匠さんに叩かれて繰り返し繰り替えし、振りを直していく世界、理不尽な繰り返しによって肉体化されるより方法がないのではないかと考えている。

優れた設計は、知識として摂取したものではなく、肉体化された設計術によるもののだ......と考える。
全体 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -